エッセイ~38種のフラワーエッセンス~

肝っ玉母さんに憧れる


息子(長男)の影響で
最近、車の中で聞いている
ワンオクの最新アルバム

『EYE OF THE STORM』

ゴリゴリなロックは抵抗がありますが
長男をきっかけに聴いてみようかな?と
今作のレビューをチェックした時

これまでの作品とは違い
壮大かつ洗練された作品

とあって、
それならば反って聞きやすいのでは?と
期待してみたら本当にその通り。


今年の夏で45歳を迎える私にも
すんなりと受け入れられました。

ひとたび受け入れてしまうと
私は若い人たちの感性には割と
共感できるタイプなのでしょうか?


自分ではそう感じたことがないのですが、、
何度か言われたことがあります。

ボーカルTAKAの声。
(ていうのですね。それすら最近知りましたが)
美しすぎて毎日聞き惚れています。

若い人の感性を受け入れやすい、
とは言ってはみたものの

私たちの世代だと、古い考え

森昌子と森進一(どっぷり演歌歌手夫婦)の息子

のインパクトが強すぎる人も多いはず 笑


私にしてみれば、つい先日まで

だってホラ、森昌子と言えば
昭和の子供時代、
夕方16時半も回ると
毎日決まって空き地に到着した
移動販売車のBGM

着てはもらえぬセーターを
寒さこらえて編んでます~

の人でしょ?? 
その息子がこんなになるなんてねーー!

と勘違いw

そっちは都はるみでしたが 苦笑
まあ 同じ位置付けなわけです 笑笑

そんな演歌の顔、森昌子が
一体どんな育て方をして
息子が世界をまたぐまでのロック歌手に
成長していったのか・・

こちらも、もう2年以上前に話題になったので
今更感半端ないですが
図書館で森昌子の『母親力』も借りてみたりして・・

さすがに、ここまでの図太さ(笑)、スパルタ母にはなれないものの 

森昌子さんのような肝っ玉母さんに憧れます。

自分には全く足りてない部分です。

男の子3人も育てていれば、
もう少し図太くなってもいいもんだけどね?

なんて言われてしまう事もある自分・・。

だからきっと いい意味でも?悪い意味でも
私は男の子3人の母親に見られないのかもしれません。

そう、長男の影響を受けた理由の一つ。

息子は無口な上、昔から
殆どの選択を親に相談してきません。

それが×ではないのですが、何を考えているのかがわからず、一方的にこちらが聞いているうちに、質問攻めになってしまったり・・


思うように会話のキャッチボールがいかず
良かれとおもったことが失敗する、というパターンがあるのです。

※ちなみに次男はよく喋るので気持ちが伝わりやすく、 こちらのアサーティブが誤った方向にいかなければ スムーズですが、やはり大人が誤る対応をすると こじれっぷりが派手にでるタイプw 三男は、大人の気持ちを考えてくれて
一番大人対応だったり・・。なので、のほほんと生きているようで意外と神経はこまやか。

 

そんな多くを語らない長男があるとき

私の前でよく ワンオクの

【Stand Out Fit In】

を何十回も
スマホのユーチューブで繰り返し聴いていました。

英語だったので特に気をとめていませんでしたが、
あまりにも私の前でよく聴いているので

どんな事を歌っているんだろう?


と、ある時よーく耳を傾けていたら・・

彼らの歌って英語の中に時々
日本語フレーズがひょいっと
入り込んできますよね?(それがいいのですが)


同じことの繰り返しで
飽き飽きしている日々
ただ自分らしくありたい
ありのままで
Can’t be someone else
(僕は僕だから)

 

このフレーズが入ってきたときに、
その頃、息子の抱えていたことと重なって
ズーンと刺さってしまったのです。

その先の英歌詞も気になり、
息子が登校した後にユーチューブ動画をすぐ再生すると
グサグサと刺さる歌詞が続き

They yell, they preach
(彼らは口うるさく言ってくる)
I’ve heard it all before
(何度も)
Be this, be that
(ああしろ こうしろと)
I’ve heard it before
(何度も言われて)
Heard it before
(もう うんざりだ)

Big boys don’t cry
(男は泣くな)
Shoot low, aim high
(現実を見て 夢を持て)
Eat up, stay thin
(よく食べ 健康であれ)

Stand out, fit in
(はみだして なじめ)
Good girls don’t fight
(女は争わず)
Be you, dress right
(見た目もきちんと)
White face, tan skin
(心は白く美しく)
Stand out, fit in
(はみだして なじめ)

 

いつも、言葉では伝えてくれないけれど
彼なりの手段で
私(や周りの大人)に
伝えたい事だったのかもしれない・・

そう思うと泣けてきました。



Stand out, fit in
(はみだして なじめ)

とくにこのフレーズの意図するところは

この年代にありがちな特有の悩みとリンクし
(若い頃の自分とも重ねたと思います)

さらにこみ上げるものがあります。

17歳。子供でもあり大人でもある。
少し離れた場所から信じつつ、
時々色んな事がわからなくなる度
息子の気持ちを知りたい欲求→心を閉ざされる→ ホレ 私の責任・・

 

私の  1人コントの幕開けです  涙


心の事を知れば知るほど、楽になることもあれば、
しつこいほどに十字架を手にしている自分に気づくのでした。

 

★38種のバッチフラワーレメディー
【ハートを開く】
34.ウォーターバイオレット 

【十字架を手放す】
24.パイン

お読み頂きありがとうございます Hanamizuki

★応援クリック♪お願いします!★

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村


以下 現在企画中のセッションです↓

❀5月18日(土)13時~15時
不安/緊張しやすい人におすすめ~バッチフラワー入門講座☆


<通常メニューは一番下からお入りください↓>

四角メニュー
四角お申込みフォーム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です