エッセイ~38種のフラワーエッセンス~

心が軽くなる

 



北国・雪国の人たちにしてみたら可愛いものでしょうか。
寒波の影響で、ここ数日の東京は
冷気が肌を刺してくるような、震えるような寒さでした。

 

とは言え
暦上では立春も過ぎ。。

先日、ジャイアン風に言うならば

“心の友よぉお~”

と出掛けたパワースポットでも
梅の花が咲き始めていました。笑


少女のようにはしゃぐ友人、、

バッチフラワーエッセンスが引き寄せてくれたヒト。
すごい宝物を頂いたと思っています。
(エッセンスの恩恵はこういう形でもあらわれます)


本格的な春まであともう一息ですね。

季節の移り変わりと重なるように

心の負担が日々軽やかになっているのを
今、感じています。

ありがたい事に、今週は息子の受験先から
良い報告が連日続きました。
※最終的な進路決定は月末。


誰の目から見ても努力していましたが、
その結果をしっかり頂いています。

つい先日もブログで書いたばかりですが、

人生を変えていくには、コツコツと
地道な努力の積み重ねの上にあること。

時に全てを投げ出したくなるほどの絶望感をも味わい、
それでも自分で決めたこと・信念を揺らがさない

苦しみを伴うような感情のコントロールをせず、自然に身を委ね、
気持ちがまたニュートラルに戻ったならば

ふたたび目的地に向かうため
飽きるほどに地味な作業を
日々淡々とこなしていく。


子育てや親育て と言ったものですが
この1年は特に
子に多くを姿勢を学ばせてもらっています。

息子を見ていると、自分の甘さにも気づき、

(それなりにやってはいるつもりでも
そのもう一歩先まで越えようとしない甘さが自分にある事。
他にもいーっぱいあり、ここには書ききれないのですが…)

そして、まだまだ自分には
他者へのコントロールがあること。


因みに、息子のケースで
自分で当てはめた場合

だいぶシンドイのに、
いやいや、こんな事では!!と
無駄な頑張りをするタイプです。
気づいてる分、マシにはなっていますが。


息子は側から見ていて、
とてもシンプル(実直)で
親が思っている以上に思慮深く、
勇敢な子のようです。

 

なんだか、もう全てが終えたかのような
本日のエッセイですが
むしろ週明けからが正念場で
息子のスイッチは俄然、今が一番入っています。

正直、息子にとっては
今のステップはどうでもいいようです。

今、私が一人緩んで安堵しているのも
結局、私のため
(私の一方的な恐れを解消しただけなんだな)


と気づきますと、はたまた情けなくなるので
こんな感情はこの場だけで
(世のお母さんたちなら
理解してもらえるるでしょうか^^;)
息子の前では平然としいているつもりですが。。


週明けは、まさにW受験日。

W受験で大変!

と昨年から騒ぎまくっていたからか
本当にW受験日を引き寄せてしまったようです。笑


全てを終えるのが3月上なので
世間ではコロナウィルスだ、マスク不足だと
大騒ぎな分、引き続き体調管理だけは
しっかりやっていきたいと思っています。

ちなみに高校受験に関しては二度目なので
随分と捉え方が緩~い私^^;
おかげで先日は願書まで出しそびれるところでしたw
力が入っていないこれ位が
ちょうど良いのかもしれませんね。

そして、一昨日は

中間報告をしたくて
氏神様へ手を合わせに。


ちょうど寒波到来の日で、
神社の大木がびゅうびゅうとうねりあげるほどの
突風が吹き荒れていたのですが、

自分の心が平静だったからでしょうか
取り乱されることなく、
突き抜けていく風に、心地良さすら感じます。


我が家にはここの氏神様の目の前で
暮らしていた歴史があります。
※この写真にも実はチラ見え 

 

もう、人様のモノになってしまいましたが
当時は大家さんが家庭の事情で暮らせなくなり
貸し出していました。

広さとそれなりの設備が充実していたとあり
家賃がそれなりで、二世帯のタイミングと重なり
結局2年8か月しか暮らせませんでしたが、

長男が3年生、次男年長、三男年中さんまでいましたので
良くも悪くも、想い出がそれなりに詰まった家です。

この近所に、よくしてもらっている叔母が暮らしていて
今でこそ食事やお出掛け、と友人のように
仲良くさせてもらっているのですが、
当時はまだよそよそしい関係でした。

時々、家のすぐ横にある公園で
愛犬をお散歩中の叔母と叔父に
バッタリ会うことがありましたが、
あの頃は軽く挨拶するか、一言二言交わす位。
今思うとウケます。
人のご縁て、本当にどうなるかわかりません。

正月明け、私は息子の対応に頭を抱え、
叔母に話を聞いてもらった日がありました。
その時、叔母が面白い事を言っていたのです。

 

「そういえばね。つい最近、Sくん(長男)がなぜか、
夢に出てきたのよ〜。

あれはKくん(次男)でもなかったし、
Rくん(三男)でもなかったわ。

Sくん、すごくわんぱくだったじゃない?

あのお家の玄関からね、
Sくんがものすごい勢いでビューッて道路に飛び出して、
神社の方に向かって元気いっぱいに走っていったの!

・・それにしても今頃、何であんな夢を見たのかしら?
不思議ねー。

だからね。きっと大丈夫なのよ。
その時のSくん、笑顔でいっぱいだったから。」

夢の話なのにあの日、
私はこのエピソードに救われて。

そして、叔母にこんな夢を見させてくれるとは
本当に私たち人間は目には見えなくとも潜在下で
深く深く繋がっているのだな、と腑に落ちたのでした。

特に大切な人や愛する人、
その人にとって人生を左右する人物であれば、
このチカラはより働くのでしょう。



手を合わせ境内を去る時、
玄関からビューッと元気に飛び出す
小さな息子が見えたような気がしました。

まだ 誰の進路も決まっていませんが、
不思議と今は
子供たちは大丈夫なのだ、
と、心からそう思えています。

 

25.レッドチェストナット
愛する人、大切な人のことが気がかりでしょうがないとき。
良くない状態を想像するあまり、過剰な心配や不安に囚われたり
過保護・過干渉になってしまう事があります。
否定的な気持ちを取り除き、愛する人が安全で守られている事や
相手とつかず離れずの境界線を保ち見守ることができるようになります。

❀お読みきありがとうございます❀
Hanamizuki

★応援クリック♪お願いします!★

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 全般性不安障害へ
にほんブログ村

 

<Bluebird~フラワーエッセンス~の
メニュー・料金表を改定しました。
詳しくは以下のAmebaブログをご覧ください↓

メニュー・料金表
四角<はじめての方へ>
Bluebirdフラワーエッセンスご案内ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です