Ameba Blog

清濁併せのむ

今日は久しぶりに

通院/薬/検査のカテゴリーで記事を書きます。

先日の事ですが、胃カメラ検査をしました。

私は3年ほど前から
胃カメラ検査を1年~1年半の間に1度、定期的に受けています。

実際、推奨されているのは

症状がある人は1年に一回
症状がない人は2年に一回といわれているようです。

とは言え、これも絶対ではないと思います。

※因みに70歳/75歳の両親は
極度の病院嫌い・検査嫌いで、定期健診もいかず
更に薬を飲んでおらず、なぜか元気^^;
(私の方がずっと病院にお世話になっているw)

チェック一年に1度人間ドックを受ける

チェック定期的に◯◯検査をする

チェック検査はあえてしない(病状がないのに病院に行かない)

検査に対する捉え方は人それぞれ。
正解はないと思うので
自分の正解を求めていけば良いと思いますが

私の場合は、4年前(ようするに闘病中)
身体中のあちこちが痛い病気でしたので
鎮痛剤を飲み続けたことによって胃が荒れてしまい
その頃から胃カメラ検査をするようになりました。
※今は勿論、鎮痛剤は手放しました

当時は、実際症状もあって
→表層性胃炎とピロリ菌発見→ピロリ菌除菌 →ピロリ菌一次除菌失敗→
胃炎再発→二回目胃カメラ→ピロリ菌二次除菌

数年の年月をかけて
胃の症状と向き合ってきました。

多くの人がご存じの通り
胃は不安や恐れに直結する臓器。

先日のスピリチュアルバッチフラワー講座で
陰陽五行に触れましたが私は水タイプが強い=恐れと不安。

やはり、不安神経症/不安障害 と言われる方は
胃腸が弱い人が多いと推測します。

現在の私は不安を感じることが勿論ありますが

不安神経症 /  不安障害 とは思っていません。

ですが
不安に傾きやすい性質があるようです。

30代までは不思議と胃の症状(身体症状で)悩んだことがありませんでした。
メンタルのほうで消耗させていたのだと思います。

難病をきっかけに、
あとは年齢やその他の要因が絡み

意識しようがしまいが、40代に入ってから
ストレスや疲れが溜まると
胃に影響を受けやすくなりました。

自分は、そのような体質&性質&生活習慣があるんだなと
認めざるを得なくなりました。

で、二次除菌が終わった去年の今頃。
通常、二回目は9割成功すると言われていますので
何の疑いもなく除菌に成功していると思い

以来、春先から
グングンと調子が上がっていくのも自覚していたので
さらに確信が持てました。

SNS上でも

『意外と大漢食なんですね』

と驚かれるほど
よく食べれるようになったと思います。

で昨年、10月に入ったころでしょうか。
ピロリ菌の二次除菌が成功したのかどうかの
血液検査をし忘れていた事を思い出し

ただ、もう症状がなかったので
病院行くのもかったるいし
行かなくてもいいかな~

とぐずぐず先延ばしにしていたのですが

まあ、せっかくだし それはもう

安心や長年振り回された荷物を下ろす(決着をつける)

という意味で10月の終わりころ、
血液検査をすることにしたのです。

しかし結果は二次除菌失敗。

もうね、、
この時の落胆といったらなかったです。

ちなみに現在の医療では
二次除菌が失敗すると
保健適用外(高額)での三次除菌のみしか手段はなく
さらにまだ臨床段階?だそうで
かかりつけ医によると積極的にお勧めするものではないとのこと。
※あと数年後には保険適用になる可能性は高いようです
(これもかかりつけ医による)

ちょうどその頃に書いた記事

(2018.10.25)がこちらです↓↓

<何で私ばかりがこんな目に遭うの?と思ってしまう時>

当時、読んでくださった方は疑問に感じたかもしれませんが、
そういうことだったんです。

このブログでつぶやく1割というのは
除菌に失敗した、1割の自分をさしていました^^;

私がこの出来事を通じて、改めて痛感したのは
心と体の密接なつながりです。

ピロリ菌が除菌できなかった

という現実に

直面した翌日から胃がムカムカしはじめたんですから 苦笑。
なんてわかりやすい性格笑い泣き 

2~3日、被害者意識全開でしたが
バッチフラワーを飲み、気持ちの立て直しをしました。

しかし

表層意識でどんなに大丈夫だと思っていても
無意識の部分が恐れていると結局ダメなんです。

それから、昨年11月12月と
どことなくすっきりしない日々でした。

普通に食べてもすぐお腹いっぱいになったり、
外食した日は今まで以上にひどくもたれたり。。

お正月中は明け方気持ち悪くなったり。

(でも、見ないふりしてた)

事実、年末年始はお付き合いやご馳走も続き

臓器(胃)の声ではなく
脳(食べたい要求)の声を通してきたので

自業自得なんですが。

今回の胃カメラでは年末年始の
名残りがあったのか
多少、胃のお疲れ症状所見がありましたが

今までと比較すれば良い状態で
心配するレベルではなかったそう。

結局私は、潜在的に(深いところで)

チェックピロリ菌が除菌できなかった自分(現状)を受け入れらない

チェック悪い働きをしそうな要因はとことん排除したい

そんな思いを握りしめていたんだな~という事に気づきます。

タイトルにもしましたが

清濁併せ呑むということわざがあります。

読んで字のごとく

濁を避けて清ばかりを好むのではなく
時には濁の部分も受け入れる必要があるということ。

今回、
ようやくようやく吹っ切れて
清濁併せのむことを
甘受できたような気がしています。

厳密に言うと基準値より+6で

けして酷い数値ではないのですが。

二回もやって失敗したこと、1割の失敗側に入ったこと、

+6はみ出ている自分が

とにかく許せなくて受け入れられなかったのです。

あとは、先述したように

心地よいと感じる方法(対策)や
安心する検査への捉え方

自分の体とうまく付き合うのみです花ピンク

難病の時も
さんざんやってきた事なのですけどね。

さて、今回の内容は
バッチフラワーでいうと

10番クラブアップルが対応します。

善と悪の悪

光と影の影

陰と陽の陰

クラブアップルがマイナスに傾く時って
悪い方はとことん排除したくなります。

💡悪い方を無かったことにしたり見ないようにするのはアグリモニーですニコニコ
似ているけどニュアンスが少し違うのでご注意!

私たちの腸内も、善玉悪玉の細菌バランスを保つことで

免疫力を上げたり、病気を予防したりと
健康を保っているそうですね。

一時、ウィルスを気にすぎて除菌製品が増えたことで
現代の子供が軟弱になっている‥
なんて話題になった時期もありました。

清く 美しく 正しい私でいたい

白黒はっきりさせないと気が済まない

今回の私が良い例ですが、神経質になりすぎて
一時的に視野が狭くなり、
それによってストレスを感じている
(バランスを欠いている場合)は
是非、クラブアップルを使ってみてください花ピンク

大抵はクラブアップルだけで完結できないケースが多いので
(私のケースでも他のエッセンスを足しています)
他と組み合わせることで癒しや気づき、魂の成長が促されます。

セッションのヒヤリングから
私の方で、しっかり調整させて頂きますのでご安心くださいね。

🌈 NEW 2019年1月受付中★

年明け★マインドマップで未来設計をしませんか?

(マインドマップの未来地図と潜在意識&ヒヤリングからバッチフラワーを選べるセッションを組み合わせました。

ダウジングの基本操作も身に付きます)
2019年の幕開けに相応しいい

以下のフラワーエッセンス(2種)を試飲しながらセッションを受けられます青い小鳥さん
※ご希望の方は専用ボトルにお持ち帰り頂けます(2~3週間分)

(左)ニジャラ‥
条件付けられた考え方や行動パターンを
ニジャラのエッセンスが細胞レベルで消去してくれることを助けてくれます。

(右)トランスミューテーション‥
毛虫が蛹になって美しい蝶年明けにて目覚めるように
古いパターンを手放し新しい何かを出現させるサポートをしてくれます。
変容は穏やかという方より、急激なものになるかもしれません。
※2016年11月のスーパームーンの日に作られたエッセンスです

料金:7,000円(税込) 80分
※最大7種までのフラワーエッセンス
※初回のみトリートメントボトル1本付
(追加購入 +500円)
※指定カフェ【アフタースクールカフェ/日野市多摩平】
の場合は6,000円(税込)/ Wドリンク付とお得です★
※エッセンスボトルにお持ち帰り頂いた方は
簡単なご感想(アンケート)のご協力をお願いいたします。

Click星お申込みフォームはこちら

おすすめ青い小鳥さん人気メニュー
Wドリンク付きで受けられる!

花ピンクLINE@おともだち登録
先行的にお得な情報やブログ更新のお知らせを
お届けしています

花ピンク応援クリックお待ちしています^^

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です