エッセイ~38種のフラワーエッセンス~

宇宙服

バッチフラワーセラピスト
マスターコースの修了書を頂いて早1年。

1週間前、日本フラワーレメディーセンターより
マスターコースの再受講の機会を頂き、受講してきました。

このお話を頂いた時は

「さあ どうやって逃げきろう」

ぶっちゃけ気が重くて泣きそうで。

こういうチャンスを純粋に楽しめない自分
言うなればくっそ真面目なのですね 汗。

足取りが重くなってしまう理由を
一番知っているのは私。

だって
自分の駄目な所、
なるべくなら向き合いたくないし見たくない。

1年経って

「え まだそんなレベルですか」

周囲や大先生にそう思われやしないだろうか?

そんな風に
他者からの評価を
まだまだ気にしまくっている自分もいる。

 

自分は、長い事

「無能な私」

「頭が悪い私」

という、大人になっていく過程で貼りついた
粘着力かなり強めのラベル
なかなか剥がせずにいるのです。

足取りが重い中、
それでも向かったのは

その先にある欲しいものがあり

それを叶えるには

この「無能で 頭が悪い私」のまま

飛び込んでいくしかない事もわかっていました。

そう
開き直るしか道はないってやつ 汗

とは言え、こういう状況で行動した時
後悔することは殆どないということも
経験上、よ~く分かっていて。

なので今回も、心の底から

行って良かった~!という結果に 嬉。

頑張った私 笑 

 

マスターコースの最後の最後にやる
催眠療法の手法を用いた
バッチ博士に会いにいくワークが大好きです。

昨年同様、今年も
180度パノラマの大草原で
博士と出会う事が出来たのですが

1年ぶりに会った、博士の私を見る目が
少し、心配そうな面持ち。
※昨年の博士は、穏やかな笑顔で
私に手を差し出し、握手を交わしてくれたのを
鮮明に覚えています。

大先生の誘導で
私の魂が博士の身体にワープすると

ななんと!

目の前の私は
バズライトイヤーといわんばかりの
宇宙服を着こんでいたっていうw

 

それも、バズみたいに顔だけカプセル(バブルヘルメット)
ではなく、全身スケルトンカプセル状態w

さらに、そのカプセル内はなぜか
水まで入っていて
腰から下は水に浸っていました。

博士もそりゃ心配になりますわって話です。

ラベル程度の
レベルではなかったようw

“Miki,もう そのカプセルから出ておいで~”

と博士に促され、
博士がカプセルに触れると

子供の頃、アニメでよく見た光魔法のように
カプセルがキラキラと共に消滅し、
私は外に出ることが出来ました。

流れた水が大地に浸透し、芽が出て花咲き

私は濡れた服から、美しい純白のワンピースに着替えて
足元に花咲く草原を
博士と手を取り、歩いていくという
まるで映画の世界のようなハッピーエンド 笑

現実に帰ってきた時は、
心持ち、身体まで軽くなったようでした。

潜在意識が見せてくれる世界は
本当に面白いなあと思います。


38種のバッチフラワーレメディー

【宇宙服を脱ぎ捨て、自由になる】33.ウォルナット

 

お読み頂きありがとうございます  Hanamizuki

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です