エッセイ~38種のフラワーエッセンス~

Wherever you are

10代の頃から海外に滞在している
幼稚園時代の友人が先日帰国してきて、
今日、7か月ぶりに再会してきたのですが

ひょんな流れで、
日本らしさバリッバリの教育講座を
一緒に受講する流れになりました。

この教育講座は、
中学校のお便りで先月に頂いたもの。

先月と言えば、
思春期次男坊の言動に振り回される事が続いて

(床屋で髪を短くされすぎて
髪が伸びるまで『学校1か月休んでやる!』等と大暴れしたりw)

そんな、思春期子育て奮闘さなかに
衝動的に予約を取っていたのです 汗

昔から勉強熱心の友人。
また未就児2人を育てているとあって
とても興味を持ってくれました。

まさかこんなお堅い講座に
アメリカ在住の彼女と
一緒に行くことになるなんてね♡

真剣に聞きながらメモを取る彼女の横顔が
少女だった時代を思い出し、
懐かしい気持ちが蘇ります。

さて 講演してくださった
貫禄感半端ない、和泉 節子似(笑)の講師と言えば

私と同じ、三人のお子さんを育て上げ
今ではお孫さんも5人いらっしゃるのだとか。

経験が語る生きたお話。

50名ほどのお母さんたちが聞き入るその姿は
真剣な眼差しそのもの(私も勿論、その1人)。

時に自分と重ね合わせ、
うるっとしながら聞き入りました。
ワンコインにしては想像以上に良い内容★

お母さんならば、誰だって
子育てにつまづくことはある。

でもこうして、ヒントが欲しくて
子育てと向き合う事もまた、母なる愛。

勿論、子を思う/知識を得るだけではなく、

TO DOがなければ

その愛は伝わらないという事も
伝授してくださいましたが。

健やかな子育てもまた
幸せに生きる人生のコツと一緒なのね。

今日の講座でも、自分は
長男への罪悪感が残っているんだなあと
感じずにはいられなくて。

次男は確かに人を振り回すけれど
(三男は割とクセがない子)

吐き出してくれる分、
私がしっかり耳を傾けて共感すれば
その後はケロッとした顔をしている。
※グジグジ期間が長くて、時にキレそうになるがw

長男はとにかく溜め込む。
甘えてくることが殆どなければ、
私に何ひとつ相談なんてしてくれない。
全部自分で選択する。

次男のように、自分でなかなか判断が持てず、
すぐ人に聞いてくるタイプも時に厄介だけれど
(三男はテキトーに決める割になぜか上手い流れに乗る 笑)

長男は
自分の中で抱えて抱えて、
時にしんどそうに見えてしまう。

そう見えてしまうのは、
私がいつまでも自分に
罪悪感を張り付けているからなんだろうか?


私の肩書はセラピストだけれど

私もまた 皆さんと同じように
時にそんな事で悩むのです。

 

30代の頃にメンタルをやられ、
40才で難病。
特に、当時の
長男との関わりに悔いが残る私。

私はまだ、
自分自身を許しきれていないんですね。

クライアントさんに
自分を許しましょう等といっておきながら
時に、そんな格好悪い自分とまだ出会うのです。

そんな時は

完璧な人間なんていないのだからいいんだよ

と自分に寄り添い、気持ちを落ち着かせる。

そう 講演後にある事を思い出しました!

最近、ワンオクヘビロテ中の長男に

『そんなにワンオクっていいんだ?
例えばバラードでおすすめは何?』

と尋ねたら
『Wherever you are』

と教えてくれて、そう言えば
まだ聴いていなかったことを思い出して
すぐに聴いてみたくなりました。

綺麗な歌声と共に、
なぜか涙が止まらなくなる。

彼が帰宅して
『Wherever you are』すごくいいね!

と声をかけたら
ちょっぴり嬉しそうな表情。
そんな事で、私も嬉しくなる。

 

Wherever you are

あなたがどこにいても、
私は あなたの事を思っています。


★38種のバッチフラワーレメディー
【母なる愛】
8.チコリー

【罪悪感の手放し】
26.パイン

お読み頂きありがとうございます Hanamizuki

★応援クリック♪お願いします!★

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です